バリアフリー(barrier-free)

 高齢者や障害者が利用することに配慮した、公共建築物、道路、個人住宅等における物理的障壁を取り除いた設計をする考え方である。愚弟的には、車いす等による通行可能な道路・通路幅の確保、段差の解消、手すり、点字案内の設置等があげられ、障害のある人の生活環境整備を端緒としながら、現在では制度面、心理面、情報面における障壁の除去についてもバリアフリーの概念として説明される。

pipi出版-コミュニティワーク

渡邊洋一地域福祉研究室
Facebook-高橋弘幸
pipiへのお問い合わせ
アフリエイト(pipi運営費)
↓↓↓

  ■楽天ブック(渡邉洋一著)

  ■Amazon(渡邉洋一著)

マウスコンピューター/G-Tune