ベヴァリッジ報告「Beveridge Report」

 英国で1942年に、「保険と扶助の根本的改革、五巨人悪の克服、国と個人の協力による原則
社会保険及び関連サービスに関する報告」としてベヴァリッジ委員会から報告された。そこでは、4つの原則①普遍主義の原則②包括性の原則③最低生活保障の原則④フラット 主義の原則(社会保険方式の導入)である。そして、五巨人悪(疾病、無知、不潔、怠惰、貧困)の克服を目指している。

pipi出版-コミュニティワーク

渡邊洋一地域福祉研究室
Facebook-高橋弘幸
pipiへのお問い合わせ
アフリエイト(pipi運営費)
↓↓↓

  ■楽天ブック(渡邉洋一著)

  ■Amazon(渡邉洋一著)

マウスコンピューター/G-Tune