包括的アプローチ説

1968年にRothman Jack「Three models of community organization practice」による。
包括的アプローチ説は、『「地域開発モデル」では、目標の決定や活動の中に、コミュニティの住民の多くが参加する(伝統的CO)と、「社会計画モデル」では、社会問題解決のために専門技術的な過程を重視し、合理的に慎重に計画され統制された変革と、「ソーシャル・アクション・モデル」では、社会正義・民主主義の理念に基づき、ニードを持つ人々への資源開発、処遇、向上についてコミュニティの要求するための組織化活動・制度・実践の改革』と説明する。

pipi出版-コミュニティワーク

渡邊洋一地域福祉研究室
Facebook-高橋弘幸
pipiへのお問い合わせ
アフリエイト(pipi運営費)
↓↓↓

  ■楽天ブック(渡邉洋一著)

  ■Amazon(渡邉洋一著)

マウスコンピューター/G-Tune