レイン報告(Lane Report)

COの考え方は、コミュニテイのニーズと社会資源の発見・明確化し、常日頃からニーズと社会資源を効果的に調整していくこととしている。COの目的は、社会資源とニーズの間により効果的な調整を行い、維持していくことであるとしている。レイン報告は六つの都市での実践・研究からの結論として“community organization”という語が用いられ、ニードに適合するように資源を動員するというCOの古典的定義「二―ド・資源調整説」として、その機能を明らかにした。社会的サービスを開始し、福祉機関の努力を調整し、福祉プログラムを確立することであり、この目標を達成するための方法として、計画立案を位置づけている。(渡邉)

pipi出版-コミュニティワーク

渡邊洋一地域福祉研究室
Facebook-高橋弘幸
pipiへのお問い合わせ
アフリエイト(pipi運営費)
↓↓↓

  ■楽天ブック(渡邉洋一著)

  ■Amazon(渡邉洋一著)

マウスコンピューター/G-Tune