ミクロ(micro)

 社会学の領域では、マクロ、メゾ(mezzo)、ミクロ(macro)の三段階があると整理されている。例えば、社会の中で共有される文化などをマクロ段階、そして、地域あるいは地方自治体などをメゾ段階、さらには、個々の事例(個人、夫婦、家族、グループ)などをミクロ段階と分けて説明ができる。この三段階にはそれぞれ相互関係があると説明されることが多い。社会福祉の領域では、ソーシャルワーカーはこれらのいずれかに重点を置くことはあっても、何らかの形で他の水準との交互関係を持つ必要が基本的にある。

pipi出版-コミュニティワーク

渡邊洋一地域福祉研究室
Facebook-高橋弘幸
pipiへのお問い合わせ
アフリエイト(pipi運営費)
↓↓↓

  ■楽天ブック(渡邉洋一著)

  ■Amazon(渡邉洋一著)

マウスコンピューター/G-Tune