村(むら、そん)

 村とは、集落(地域的な範囲)や基礎自治体の一種で、第一次産業(農林漁業)に従事する者が多く、家の数と密集度が少ない地域を指す名称である。邑や邨とも書く。学術的には村落、俗語では田舎(いなか)や鄙(ひな)とも呼ばれる。対義語は市(都市)。特に、自然村は、複数の集落の統合体であることが多かった。行政区画(基礎自治体)の単位として村という語を用いる事もあり、この場合の村は、集落よりずっと広い範囲である。

pipi出版-コミュニティワーク

渡邊洋一地域福祉研究室
Facebook-高橋弘幸
pipiへのお問い合わせ
アフリエイト(pipi運営費)
↓↓↓

  ■楽天ブック(渡邉洋一著)

  ■Amazon(渡邉洋一著)

マウスコンピューター/G-Tune