非言語コミュニケーション(non-verbal communication)

 福祉援助場面では、コミュニケーションの行為における、表情、視線、態度、姿勢、振る舞い、動作の速度、服装、声のトーン、言葉の強弱などであって、言語によらない言語内容を補うこともあれば、言語内容とは別の意味を表現することもある。時には無意識の問題や課題、心理状態を表すこともある。さらに、具体的なテキスト(text)という言語コミュニケーションに対して、非言語コミュニケーションでは、コンテキスト(context)という文脈における大意を表現される内容などの視点が大切である。

pipi出版-コミュニティワーク

渡邊洋一地域福祉研究室
Facebook-高橋弘幸
pipiへのお問い合わせ
アフリエイト(pipi運営費)
↓↓↓

  ■楽天ブック(渡邉洋一著)

  ■Amazon(渡邉洋一著)

マウスコンピューター/G-Tune