レジデンシャル・ソーシャルワーク(residential social work)

社会的なケアを提供する社会福祉施設において、居住サービスを核として行われる生活支援のあり方である。社会福祉施設における生活形態に応じた総合的なソーシャルワークが必要とされるということを意味する用語で、入所者の自立支援を目指し、日常生活の援助、人間関係の調整、社会参加の促進など幅広い援助の全体である。

pipi出版-コミュニティワーク

渡邊洋一地域福祉研究室
Facebook-高橋弘幸
pipiへのお問い合わせ
アフリエイト(pipi運営費)
↓↓↓

  ■楽天ブック(渡邉洋一著)

  ■Amazon(渡邉洋一著)

マウスコンピューター/G-Tune