平行棒理論(the parallel bars theory)

 ベンジャミン・グレイによる公私関係について、その責任所在について、平行棒理論として公的部門と民間部門の役割を明確にしたものである。第一段階を「平行棒理論」、第二段階を「繰り出し梯子理論」、第三段階を「協力関係理論」、第四段階を「批判的協力関係理論」と整理される。

pipi出版-コミュニティワーク

渡邊洋一地域福祉研究室
Facebook-高橋弘幸
pipiへのお問い合わせ
アフリエイト(pipi運営費)
↓↓↓

  ■楽天ブック(渡邉洋一著)

  ■Amazon(渡邉洋一著)

マウスコンピューター/G-Tune