波長合わせ(tuning-in)

 社会福祉援助場面では、ソーシャルワーカーが、個人やグループとの面接や、地域住民と住民福祉懇談会などを実施するにあたり、事前にクライエントや住民の考えや気持ちなどについて考えることや、情報がある場合はそれらを参考にすることで、クライエントや住民に共感できるよう準備することと説明される。波長合わせをすることでソーシャルワーカーは、クライエントや住民の反応にどのように対処するか、また面接時やソーシャルワーク実践を効率的に展開準備できることとなる。

pipi出版-コミュニティワーク

渡邊洋一地域福祉研究室
Facebook-高橋弘幸
pipiへのお問い合わせ
アフリエイト(pipi運営費)
↓↓↓

  ■楽天ブック(渡邉洋一著)

  ■Amazon(渡邉洋一著)

マウスコンピューター/G-Tune