ワーカービリティ(workability)

パールマンが問題解決アブローチとして捉えて以後に発展してきた概念で、基本的に要援護者自身が持っている問題解決に取り組んでいく力を意味している。主として、動機付け、問題解決の力、問題解決に取り組む機会という要素から構成されると説明されている。

 

pipi出版-コミュニティワーク

渡邊洋一地域福祉研究室
Facebook-高橋弘幸
pipiへのお問い合わせ
アフリエイト(pipi運営費)
↓↓↓

  ■楽天ブック(渡邉洋一著)

  ■Amazon(渡邉洋一著)

マウスコンピューター/G-Tune