結(ゆ)い

 農村社会では、労働や時間の貸し借りで田植えや稲刈りなどの農作業を協同でしながら暮らしてきました。心の貸借表の帳尻が、時間を経てみると合うからこそ、素朴ではあるが、切実な人間的連帯感が残っている。この共同体の精神を「結(ゆ)い」と言う。「エイっこする」と言う日常会話を実際に使用されている。(渡邉)

pipi出版-コミュニティワーク

渡邊洋一地域福祉研究室
Facebook-高橋弘幸
pipiへのお問い合わせ
アフリエイト(pipi運営費)
↓↓↓

  ■楽天ブック(渡邉洋一著)

  ■Amazon(渡邉洋一著)

マウスコンピューター/G-Tune