時事通信社アグリオ11月20日配信

20181120-Agrio

 青森県おいらせ町にある社会福祉法人「誠友会」(苫米地義之理事長)は、株式会社として経営している観光農園「アグリの里おいらせ」と、特定非営利活動(NPO)法人「平成謝恩会」を併設している。この春には、高齢者のショートステイ専用棟が増設された。
 具体的には特別養護老人ホーム等の高齢者福祉施設の隣接地に観光農園を開設。障がい者の就労支援としての機能と、地域の観光交流拠点として、温泉熱やバイオマス燃料を活用した大規模な栽培ハウスをはじめ、農産物直売所やそば工房、多目的施設、農園レストラン、動物コーナー、足湯等を順次整備、運営している。
 北国でありながらハウス内は一定の温度に保たれ、冬場であってもイチゴやバナナ、パパイアなどが育ち、緑に満ちている。この観光農園は、「見る・収穫する・食べる・ふれ合う」という体験・交流の場であり、「子供・高齢者・障がい者」に優しい空間として、地元だけでなく県内外からも訪れる人が多い人気の観光スポットとなっている。

➡誌面ダウンロード

pipi出版-コミュニティワーク

渡邊洋一地域福祉研究室
Facebook-高橋弘幸
pipiへのお問い合わせ
アフリエイト(pipi運営費)
↓↓↓

  ■楽天ブック(渡邉洋一著)

  ■Amazon(渡邉洋一著)

マウスコンピューター/G-Tune